節約するのも行き過ぎると、ただただむなしいだけなんだよな。

「節約を意識しすぎるがあまり、どうも毎日が楽しくないわ。無駄をしないっていう気持ちが先行してしまって何をしていても楽しくないし、そもそもやりたいことがあっても我慢をせざるを得ない。窮屈だ!」

うむ、、、物欲がそもそも起こらないとか、食にまるで興味がない、お金のかかるようなエンタメに一切興味がないとかっていうならいいけども、まあそんな人そうおらんから窮屈なのも当然かも知らん。

脱マンネリストで心理カウンセラーのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「節約するのも行き過ぎると、ただただむなしいだけなんだよな。」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

節約につかれた人等
・節約に躍起になる人を見ていて違和感を感じる人

節約生活にガチで取り組んでいる人の中には、「ほしいものがあるけど我慢しないと!」とか「食費は一か月に何とかして一万円以内にする!」なんて事やっている人もいるでしょう。

、、、、ふむ、確かに目標を達するには硬い意思が必要なこともあります。

しかしまあ、これが節約となると少し事情は変わってくると思いますね。

常に「無駄なところにはお金は使わん!」等と気を張っていると、時にふと「さて、自分は何のために働いているんだ?」とか「我慢ばかりしている」といったことを意識したりするかもしれません。

どうせなら、お金は人生を幸せにするために有効に無駄なく使いたいものですが、ここまでの感情を抱くならそれは多分「やりすぎている」と言っていいと思います。

そんな気分になっては、この先節約なんて続けられないし、人生も楽しくないでしょう。

「お金を貯めるために生きているのか?」て話になってしまいますわな。

それじゃあ本末転倒ってものです。

何事も無理はいけないっすよ。

では、ゆるりとおおくりします。

我慢はいつか爆発する

当ブログにて繰り返し言っていることですが、「無理をしたら節約なんて続きません」。

それにそもそもわたしが提唱する「節約」とは、一般にいわれる節約とは少々違っていて基本的には「自分が幸せになるために効果的で無駄のないお金の使い方をする」という事をもって「節約」と言っています。

なので、例え「お金を貯める」という目的のために光熱費等を切り詰めたり自分の買いたいものを我慢していたりしても、それはわたしからすると「必ずしも節約とは言わない」可能性があります。

もちろん、浪費ではないのが確かですけどね。

まあ、浪費以上節約未満って感じでしょうか。

節約というものは、そもそも「続かなかったら意味の無い物」なので、我慢はできるだけしないようにした方がいいのです。

無理な我慢を続けると、そのストレスが負債として膨れ上がって、いつか爆発して「それまでの貯金をパーにする」くらいの散財や病気等を引き起こしたりします。

日頃の生活の中で蓄積していく、ストレスというものを甘く見てはいけません。

いつか、そのツケをはらうことになるのですから、、、、。

節約は無理なく行わないとダメっすね。

特に興味の幅が広かったり承認欲求が強い人は注意!!

節約においては、「自分の人生には何が大事なのか」をある程度しっかりと意識する必要性がありますが、その大事にしたいものが複数ある場合はその大事にしたいものの間に「優先順位」を作っておく事も必要です。

ただ、あまりにその大事にしたいものが沢山あるという場合は、ひょっとしたらまだまだ自分自身との対話が足りない可能性もありますねえ。

断定はできませんが。

承認欲求が強すぎる人は、物欲が強かったり見栄のために散財をしがちです。

こういった人にとっては、そもそも承認欲求自体を減らさないと節約そのものが困難って状態になると思われます。

で、ここからはかなり主観的な意見ではありますが、好奇心が旺盛な人は結構色々なことに挑戦したいと思うので割と自分の新たな体験のためにお金を使おうとする傾向が強いかもしれません。

こういった人が無理やりお金を使わないようにしていると相当ストレスがたまると思います。

好奇心が強い人は、普通の人以上に「無理やり我慢をしない」という意識が必要でしょう。

節約を続けるための対策

さて、ここまで「無理や我慢をしていたら節約なんて続かないから、無理や我慢はなるべくしないようにしよう」と言ってきました。

、、、まあ、でもね、いうのは簡単だけど、「じゃあ、どうすりゃいいんだよ?」て話ですので、ここからは具体策について考えてみたいと思います。

無理のない節約をするためにとれる対策として、以下のようなものがあると思う次第。

  • 承認欲求を減らす
  • チートデイをもうける
  • メンタルの管理を徹底する
  • 時には自分の大事にしたい価値を見直す
  • 時には、日頃の労力を減らしてみる
  • お金を使わなくても楽しめる工夫をしてみる

では、以下順次解説してまいりやす。

・承認欲求を減らす

承認欲求が強くなりすぎていると、そもそもほしいものが多すぎて物欲が暴走しているってことがあります。

そもそも、節約におけるお金を使う基準は、「自分の幸福に資するかどうか」ですので、承認欲求なんぞに振り回されている場合ではありません。

過剰に膨れ上がった承認欲求は、わたしたちに見栄を張らせる元凶となって人生を台無しにします。

承認欲求さえ減らせれば、おそらくかなりの確率で物欲が減らせると思いますから、そもそもお金を使う動機が激減するでしょう。

節約するにあたっては、承認欲求の削減は必須ですね。

承認欲求は決してゼロにはできませんし、する必要もないものですが、間違っても振り回されないようにしたいものです。

承認欲求の減らし方について詳しくは以下。

・チートデイをもうける

日頃から、なまはげみたいに「無駄はいねがー!」みたいにうなっていては、ストレスがたまります。

たまには、「無駄か無駄でないか」といった意識から解放されて自由にお金を使いたくなるものです。

ですので、無駄かどうかにか変わらず自由に桶値を使っていい「チートデイ」を設けることがいいでしょう。

チートデイとはいえ、無制限にお金を使うわけにはいかないので、ちゃんと予算を決めておいてその範囲で自由に使うようにしておきましょうね。

チートデイの設定等に関して詳しくは以下。

・メンタルの管理を徹底する

節約を意識して生活するにあたって、「精神状態の乱れ」は大敵です。

節約とは実に理性的な行動といえましょう。

メンタルが不安定になると、変に食欲が増進したり衝動買いをしたりといったことが起こりえます。

安定して継続的に節約を続けるとなると、「精神状態の安定を確保する」のは必須といえますね。

手前味噌ですが、わたしのもう一つのブログ「オニギリス」の方に投稿したストレス解消法の記事を参考にして、自分に合ったストレス対策を構築しておくといいでしょう。

・時には自分の大事にしたい価値を見直す

時には、「自分が何で節約をしようと思ったのか」とか「無駄の基準って何だったのか」といったことを、改めて振り返ってみるのもいいでしょう。

まあ、初心に帰ってみようってことですな。

「自分の歩いている道が本当に正しいのか?」なんて迷うときもあるでしょう。

そんな時は改めて自分の方針を振り返ったりしてみるといいです。

その際には、以下の記事に乗っている質問を自分に投げかけてみるといいでしょう。

・時には、日頃の労力を減らしてみる

あまりお金を使わない事ばかりを重視するとその代わりに労力を使うことになってしまうため、時には労力を削減するのも大事です。

特に家族がいて毎日ご飯を作っているなんてことになると、日々の炊事にかかる労力は独身の比ではありませんな。

なので、時には冷凍食品やレトルトなんかを活用して省力化すればいいと思います。

今は、かなり冷凍食品も美味しくなってきましたからねえ。

正直、下手に外食するよりも快適です。

・お金を使わなくても楽しめる工夫をしてみる

日々のストレスを解消するために、何か自分が楽しいと思えることを日常に取り入れてみるといいでしょう。

実際、お金を大して使わなくても今の時代沢山たのしめることはあります。

例えば、アニメや映画などは動画配信サービスを活用すればそれほどお金をかけずともみれますし、漫画だってそうです。

さらに、各動画配信サービスの無料トライアルなんかを活用すれば、結構な期間にわたって動画をただで見れますしね。

それ以外にも各自工夫することで、毎日が楽しくなるんじゃないかなって思いますねえ。

おわりに

この記事は「節約するのも行き過ぎると、ただただむなしいだけなんだよな。」と題しておおくりしました。

無理な我慢を続けるような節約なんて長続きしませんし、そうやって蓄積されたストレスという負債はいつかどんな形でかはわかりませんが、病気や散財のような形で表れてくるでしょう。

せっかく、お金を貯めても後でそんな形で浪費してしまってはあんまり意味があるとは言えません。

まして、健康はお金では買えないものですから、健康を損なうような節約なんて「実にばかげている」といえましょう。

わたしは節約をする目的の根底には何といっても「人生を幸福に生きる」というものがあると考えているので、無理な我慢をするのは極力避けた方がいいっておもいます。

まあ、長丁場ですんで、気長にいきましょう。

では!


節約・貯蓄ランキング
固定費の削減はまず電気代から!

節約と言えばまずは「固定費の削減」。

特に、取り組みやすいのが電気代の削減です。

大手電力会社から新電力会社に乗り換えれば、年間でかなりの節約になりますね。

大手電力会社から新電力に乗り換えて、年間2万円も節約になるケースもあります。

逆を言えば、新電力会社に乗り換えないと、毎年毎年一万円以上を多く払い続けていることになるという事です。

一年に1万4千円払っているとしたら、5年で7万円10年で14万円、、、かなりの額ですね。

14万円と言ったら、、、結構いろいろできる金額です。

3人家族、または電気を沢山使う一人暮らしの人は、エルピオでんきに乗り換えると相当お得なはず。

なんせ、エルピオでんきは業界最安値レベルですからね。

エルピオでんきに乗り換えて年間2万円も得をしている人もいるようです。

乗り換えは簡単。

申し込みをすれば、あとはエルピオ側が大手電力会社との解約手続きやスマートメーターの設置を代行してくれます。

また、解約時に違約金も発生しません

何もしないでいるよりも、乗り換えてみた方が得でしょう。

まずは、エルピオでんきの公式サイトから年間の電気代がどれだけ安くなるのかシミュレーションしてみましょう。

電気代がどれくらい安くなるかシミュレーションしてみる

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事