ミニマリストに憧れる必要もなる必要もないがその思考に学ぶものはある

「ミニマリストって正直、理解できないわ。なんで、あんなにものを持たないことにこだわってんだ??確かに、身軽にすると色々とメリットがあるのはわかるけどなんか病気かってくらいモノを持たないようにしている人いるよね。正直、訳が分かんない。」

うん、確かにいくら節約を考える人であっても、メディア等でもてはやされるいわゆるミニマリストに見られる「ものを持たない事への異常な執着」には狂気を覚える人もいそうだ。

オニギリス!

心理カウンセラーで節約研究家(宅建、簿記2級取得済み)のおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ミニマリストに憧れる必要もなる必要もないがその思考に学ぶものはある」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

ミニマリストの思考を少し探ってみたい人等

最近、メディア等に注目されているミニマリストという人たち。

彼らは必要最低限の家具やものしか持たず、本当に「何もない」といいたくなるような部屋に住んでいたりします。

普通にものに囲まれて暮らしている人からしたら、相当な衝撃です。

最近ではそんな「無駄なものは持たない」という彼らの主義に共鳴したのか憧れたのかいざ知らず、彼彼女らのマネをしようとする人が出てくるようになっております。

ただ、個人的に思うのが、別にミニマリストになろうとする必要はないよなってことです。

自分にとって大事なもの以外を切り捨てていった結果として、「ミニマリストになった」のならいいんですが、「ミニマリストになろうとしてミニマリストの思考に寄せていこうとする」というのはやめた方がいいと思うってことですな。

ただ、彼らの思考は節約をしようと思う多くの人の参考にはなるはずです。

という事で、今回はいわゆるミニマリストという人たちの考え方やその考え方をどう応用していったらいいのかについてしばし考えてみたいと思う次第。

では、ゆるりとおおくりします。

ミニマリストとは一体何か?

さて、ミニマリストとは一体どんな人たちなのでしょうか?

まずは、そこから考えてみたいと思います。

辞書によると、ミニマリストとは以下の様な定義である模様。

 ミニマリズムミニマルアートの芸術家。
 最小限のことしかしない人。最低限必要なものしか持たない人。

引用

https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-139265

んー、「最低限必要なものしか持たない」、、、、漠然としてますなあ。

ただ、ネット上で色んなミニマリストを自称する人やそのように称されている人について調べてみると、およそ以下の様な考え方をしているようですね。

  • いつ使うかわからないものは捨てる
  • ものは厳選して本当に必要なものだけ買う

ふむ、、、これは完全に当ブログの節約の概念とリンクするものですわ。

そして、多くの人にとってこの考え方は日常の中で応用しやすいものですね。

「もしかして、わたしはミニマリストだったのか??」等と少し、思ってしまうレベルで納得する考え方です。

わたしは別に自分のことを、ミニマリストだって思わないんですけど。

そして、もう一つ触れておきたいこととして、このミニマリストという生き方の源流は海外発祥の模様。

なんでも、ミニマリストという言葉は、2010年頃に海外で使用されるようになってから、その後日本にはいって来たらしいですね。

で、実は海外のミニマリストと日本のミニマリストでは考え方に違いがあるようです。

なんでも、海外のミニマリストであるジョシュア・フィールズ・ミルバーンさん著の「あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで」を紐解いてみると、

「海外のミニマリストは、自分が大切なものを大切にするために不要なものを捨てる」

という感じのスタンスであることが読み取れる模様。

どうも、日本のミニマリストの方々の多くは「無駄な経費を削る」とか「とにかく、ものを捨てて身軽になる」事を目的にしている傾向が強いとわたしは感じているので、海外と日本では大分違う気がしますね。

で、ここまで書いていて自分で確信してしまいましたが、わたしが当ブログで言っている「節約」の根幹にある「自分の大事にしたい価値を見つけてそれを無駄かどうかの判断基準にする」という考えは、「海外のミニマリストの思考」とほとんど同じものだってことです。

あー、ということは、、わたしは海外の人から見たら立派なミニマリストなわけですな。

病的なミニマリストは本末転倒

別に身軽になることはいいと思います。

判断力の無駄使いにはなりませんし、快適な住空間を確保できモデルルームの様なすっきりとした部屋に住めます。

しかし、どうにもいわゆるミニマリストの中には「ものを捨てること自体が目的になっている」とか「ものを持っていない事自体に価値を感じて誇らしく思っている」なんて人達がいるように感じてしまうんですよねえ、、。

なんだか、これって本末転倒な気がしませんか?

一体何のために、「そこまでして捨てるのか?」とか「そこまで身軽になるのか?」は考えた方がいいと思うんですよね。

おそらく、そのような行動をする動機付けとなる出来事があったのでしょうが、なんだか「その行動自体が目的化している」ようにすら見えてきます。

もはや、「捨てる自分」とか「身軽で何も持たない自分」といった「自分像」に執着するあまり、かえって思考が不自由になってはいないかなってくらいに感じたりすることがありますね。

「いらないものを捨てる」とか「身軽になる」は結局、手段であって目的そのものではないんです。

それなのに「手段が目的化」したんでは、何か違うよなって思わざるを得ません。

ミニマリストは結果的になるものなのかもしれない

で、わたしは愚考するんですが、いわゆる持たないことに固執して「どこまでモノを持たずに生きれるか」に挑戦しているミニマリストの人達って、もしかして「自分にとっての大事なものを見失っているのではないか?」と思ってしまいます。

自分の大事にしたいものがわからないからこそ、「何も持たない自分」というアイデンティティーに固執してそれにこだわっているのではないかって気がしてしまうんですね。

まあ、確かなことは言えませんが。

正直、ミニマリストになろうがなるまいがそんなことはどうだっていい事なんです。

自分の大事にしたいものがはっきりしたら、自然と「それ以外はいらないよね」という思考になっていきますし、その結果として「彼彼女はミニマリストだね」と呼ばれるようになるってだけだと思うんですな。

ミニマリストってなろうとしてなるものではないって感じますし、そうあるのが一番理想的とも思います。

自分の考える「ミニマリスト像」に自分を押し込めて、「ミニマリストになろう」とするのはやはりどこか発想としてはいびつです。

ミニマリストかどうかなんて、本人は気にしなくていいし名乗りさえしなくていいと思います。

「わたしはわたし」なんですよね、いつだって。

その「わたし」を外から見ている人が、「アイツはミニマリストだ」とか「あいつはマキシマリストだ」みたいに勝手に評価するだけって感じです。

ミニマリストであることにとらわれた「いわゆるミニマリスト」は、もしかしたら不幸になってしまいはしないだろうかと思ってしまいますなあ。

ま、自分の大事にしたいものをはっきりさせるのが大事ですよ、多分。

それあってこその節約でありミニマリストじゃないでしょうか?

おわりに

この記事は「ミニマリストに憧れる必要もなる必要もないがその思考に学ぶものはある」と題しておおくりしました。

いわゆるミニマリストとは、「最低限必要なものしか持たない人達」のことです。

ただし、海外と日本のミニマリストでは決定的な違いがあります。

それは日本のミニマリストの多くが「なるべく身軽に生きること」を志向しているのに対して、海外のミニマリスト達は「自分が大切にしたいものを大切にするために無駄なものを切り捨てる」という点です。

あくまでも、個人的な意見ですが、海外のミニマリストの方針の方が幸せに生きるという点では非常に理にかなっているといえると思います。

当ブログにて、わたしのいう「節約」も本質的には海外のミニマリストの言うものとほとんど変わりません。

やっぱり、お金や時間について「何が無駄か」を考える必要があるのは、そもそも「自分の持つ資源を人生を幸せにするために有効につかった方がいいから」だと思いますねえ。

結果的に、「君はミニマリスト」とよばれるようになったなら、それはそれでいいねってだけですわな。

ミニマリストになんて憧れなくてい。

「自分は自分」

ね、そうでしょ?

ではね!

参考

参考記事等


節約・貯蓄ランキング
固定費の削減はまず電気代から!

節約と言えばまずは「固定費の削減」。

特に、取り組みやすいのが電気代の削減です。

大手電力会社から新電力会社に乗り換えれば、年間でかなりの節約になりますね。

大手電力会社から新電力に乗り換えて、年間2万円も節約になるケースもあります。

逆を言えば、新電力会社に乗り換えないと、毎年毎年一万円以上を多く払い続けていることになるという事です。

一年に1万4千円払っているとしたら、5年で7万円10年で14万円、、、かなりの額ですね。

14万円と言ったら、、、結構いろいろできる金額です。

3人家族、または電気を沢山使う一人暮らしの人は、エルピオでんきに乗り換えると相当お得なはず。

なんせ、エルピオでんきは業界最安値レベルですからね。

エルピオでんきに乗り換えて年間2万円も得をしている人もいるようです。

乗り換えは簡単。

申し込みをすれば、あとはエルピオ側が大手電力会社との解約手続きやスマートメーターの設置を代行してくれます。

また、解約時に違約金も発生しません

何もしないでいるよりも、乗り換えてみた方が得でしょう。

まずは、エルピオでんきの公式サイトから年間の電気代がどれだけ安くなるのかシミュレーションしてみましょう。

電気代がどれくらい安くなるかシミュレーションしてみる

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事